閉じる

『たった1日で人生を300倍面白くする方法』小川仁志

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 考え方ひとつで、人生を面白くすることができる、そんな主張がタイトルを見ただけでわかる本です。黄色い本ということで、本屋さんで目を引かれ、タイトルを見て読まずにいられない気持ちになりました。何と言っても、たった1日で人生が変わりそうだからです。 『たった1日で人生を300倍面白くする方法』の著者小川仁志さんは、商社マン、フリーター、市役所職員から哲学者へ転身されたような、ユニークな方のようです。考え方がとても柔軟な方なのかなと思います。そういう著者が、人生を面白くする方法について、哲学を援用しながら、語ります。文章はとてもやさしく、難しい哲学を簡単に解説してくれていて、とても読み易い本でした。 ちょっとした思い付きや、ちょっとした行動力、物の見方をちょっと変えたり、考え方を変えたりしてみることで、いろいろ面白いことに繋がって行けそうだというのが、この本を読んだ感想です。こうあるべきとか、こうしなくちゃいけないという固定観念を捨て去り、もっと柔軟に考えてみることで、いろんなものが変わって来ます。面白いか面白くないかなんて、自分自身が感じるものなのですから、自分自身の考え方を変えると、面白いことも変わって来るのだろうと思いました。 ひとつひとつ実行してみても良いですし、まあこういう考え方で行こうという意識を持っておくのも良いと思います。そうすれば、人生は少しずつ変わって行きそうな気がします。 (49冊目/2014年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。