閉じる

久々に本を複数買い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 昨日の帰り、本屋さんに立ち寄り、久々に複数の本を買って来ました。『学校では教えてくれないお金の授業』と『minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ』です。全然種類の違う2冊です。 本屋さんは、僕にとってプラスの力を与えてくれる場所です。本屋さんでいろんな本を眺めている時は、かなりプラス思考になって来ます。この本を読めば、自分を変えられるのではないか、だいたいはそういう思いになります。小説の場合は少し違うのですが、ビジネス書とか自己啓発関連の本だと、本当に変わりたいと思う気持ちが強くなって来ます。 昨日買った本のうち『学校では教えてくれないお金の授業』は、興味と知っておきたいことが優先して買った本です。本当は株とか投資の基礎知識的な本を買いたいと思ったのですが、いかにもこれを読めば儲かるみたいに煽っている本は敬遠して、知識を得られそうな本にしました。老後のお金ということに興味を持たないといけない年代だからでしょう。 もうひとつの『minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ』は、ずっと気になっていた本です。しかも昨日立ち寄った本屋さんで、初めて目にした本なのです。もう一冊の本とは対称的な本かも知れません。一冊はこれまでの生活を続けて行くためにお金を貯めておいたり、増やしたりする本で、この本は必要最低限のものを求めるようにして、生活そのものを変える本でしょう。お金は必要最低限で良いということになるだろう本です。 本屋さんであれこれと本を眺めていると、いろいろ欲しくなってしまいます。他にもプレゼン資料の作成だとか、整理術だとか、時間術だとか、いろいろ目に入ってきます。今は積読本をミニマルにしようと、取り組んでいるところなので、とりあえず2冊だけに絞りました。とても楽しい寄り道でした。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。