閉じる

『サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法』立花岳志

OLYMPUS DIGITAL CAMERA この本の著者である立花岳志さんは、サラリーマンからフリーランスに転身し、月間160万PVの人気ブロガーを軸に活動されている方です。ブログは、「No Second Life」というブログです。プロブロガーとして活躍されている他、セミナーや講演を主催されています。 タイトルからすると、フリーランスとなることの勧めみたいな本だと思っていましたが、会社に勤めながらある程度自由に働くことに関しても触れられていますし、会社勤めも満足にできないならフリーランスとしても成功しない、そんな考えをお持ちのようです。ただ好きなことをやろうという軽い本ではなく、しっかりとした内容がある本です。会社勤めや今の仕事から逃げるためのフリーランスでは、決して成功しないというのが著者の主張です。 この本を手に取って、読んでみようと思ったのは、僕自身が好きなことを仕事にしたいという気持ちを持っているからです。その好きなこととは何かと、自分自身に問いかけてみると、だんだんはっきりしてきているのですが、まだまだ曖昧な状態なのです。今の仕事に満足できていないということが、僕の場合はまだまだ強いようです。 でも、好きなことは少しずつはっきりしてきている気がします。今はそれに向けて、一歩ずつ近づいて行くことが大事なのかなと思っています。夢に向かって、ちょっとずつ積み重ねて行くことが必要なんだと、この本『サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法』を読んで再認識しました。 (58冊目/2014年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。