閉じる

『100の基本』松浦弥太郎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA100の基本』は、著者の松浦弥太郎さん自身の「100の基本」と、著者が経営する本屋さん「COW BOOKS」の「100の基本」を合わせて、「200の基本」が書かれた本です。巻末には読者の「100の基本」を書くページが用意されています。 「100の基本」とは、「自分を知るため、自分について考えるため、自分の考えを整理するため、自分の成長のため、自分の学びのため、そして自分らしくいるために、しっかりと身に付けておきたい基本の心がけ」です。同感できるものが大半で、そのまま僕自身の「100の基本」としても良いくらいなのですが、やはり人それぞれなのですから、それぞれに「100の基本」はある筈です。 「COW BOOKS」の「100の基本」の方は、仕事をするための「100の基本」と言って良いもので、本屋さんでなくてもそうあるべきだと思えるものが多かった気がします。仕事をする上での基本的な心構えだと思います。 僕もぜひ、自分自身の「100の基本」を作り、日々更新して行けたらいいなと思います。 (65冊目/2014年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。