閉じる

『外資系コンサルの資料作成術』森秀明

外資系コンサルの資料作成術—短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク』は、企画書の作成などに携わってきた著者が、これまで関わった資料作成の経験をもとにまとめた本です。 資料のビジュアルの類型は、分類するとたった12種類だそうです。資料の形は、一対一論法、並列論法、結合論法、連鎖論法、対立論法、比較論法などの論理によって決まるのが基本で、論理によって資料の形は自ずと決まるようです。確かにそこで用いる論理法によって、資料の形は一定になってくるのだと思います。裏返せば、論理がしっかりしていないと、良い資料は作れないということだろうと思いました。 そのために、即資料作成本番に臨むのではなく、事前に資料の構想を練る必要があります。そのためのメモの書き方など、資料作成に関する基本的な事項について、この本は良くまとまっています。こういう資料を作る場合はどうするのか、という実践的な本ではなく、あくまでも資料作成の基礎が学べる本だと思います。 (68冊目/2014年)]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。