閉じる

台風一過

1006-1 秋の台風だから、今回の18号は、足早に駆け抜けて行った。 偏西風に煽られて駆け抜けて行く台風の後に広がるのは、台風一過の青空のことが多い。今回もそんな青空が広がった。吹き返しの風もそんなに強くなくて、通り過ぎて行ったら、あっと言う間にお天気が回復した。 早い段階から富士山が見えていたが、徐々に雲が取れて、全体が見えるようになった。 1006-2 朝いつもより1時間くらい早く出ていたら、会社に着けたかも知れない状況だった。そんなに早く出られなかったこともあり、電車に乗れるだろうけれど、途中で止まってしまうことを恐れて、様子を見ていた。案の定東海道線は止まったのだけれど、台風によるものではなく、人身事故だった。そして運転再開直後に、河川の増水によって再度止まってしまった。 結局お天気が回復した後で、家を出て会社へ向かった。それでもまだ東海道線は止まったままで、相模川の水位の低下を待って、午後1時半頃に運転が再開された。 会社から帰る頃もダイヤは乱れており、大幅な遅延と帰宅ラッシュが始まっていたのに、10両編成の短い電車がやって来る。1本見送って、2本目に乗った。身動き取れない状態のまま帰宅の途についた。 台風一過の空は綺麗だったが、湿気が多く蒸し暑さが際だっていた。明日は、正真正銘の秋晴れのお天気を期待したい。 愛犬との朝の散歩も、いつもどおり行きたいと思う。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。