閉じる

『平凡』角田光代

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「もしあの時こうしていなければ」という思いは、人生のいろいろな場面で思うことがある。今を後悔しているわけでなく、過去に別な選択をしていたら、今はどうなっただろうかという思いだ。人生は、そういう選択の連続で作られているのかも知れない。 『平凡』は、そういう「もし」をモチーフとした6つの短編小説を収録している。「もし」で繋がった連作短編集みたいな感覚で読み進めた。それぞれの「もし」は、それぞれに面白い。3つの物語は恋愛がらみで、他は逃げた猫の話だったり、子どもが事故に遭う話だったりする。いずれも、「もし自分があの時こんなことをしていなければ」という話である。 ある選択をしなければ、人生は違っていたんじゃないかという思いは、確かにいろんな場面で浮かんでくる。でも、自分自身の選択だったわけで、決して偶然の出来事でもないわけで、もしかするとそれが必然だったんじゃないかと思う。それでもやっぱり、「もしそうしていなければ」という思いは、時々浮かんでは消えていく。 (84冊目/2014年)]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。