閉じる

『鎌倉観光文化検定公式テキストブック』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA鎌倉観光文化検定 公式テキストブック』を読むのは、少なくとも3回目である。パラパラと捲ってランダムに読んだ回数を加えると、もう少し読んでいるだろう。 鎌倉検定の出題範囲は、結構幅が広い。歴史・旧跡、自然・景観、寺院・神社、芸術・文化、産業・生活、行事と大きく分けて、6つの分野に分かれている。この本に買いている内容を全部覚えると、鎌倉のほとんどのことに精通することができる。もちろん、机上だけでなく、実地も必要だと思うけど。 実際とても細かいものが多いので、覚えるのはかなり大変だ。明日からは、この本に書かれている内容を、工夫しながらノートにまとめて行くことにする。ノートが出来上がったら、過去問を解いてみるつもりだ。検定試験まで、ちょうど1か月。去年よりも取りかかりは早かったので、多分大丈夫だろう。中だるみしなければ。 (88冊目/2014年)]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。