閉じる

最近のシャープペンは芯が折れない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 単純明快、わかりやすいコピーに惹かれ、衝動買いしてしまったシャープペン「ゼブラ シャープペン デルガード 0.5mm」。 芯に一定の圧力がかかると、芯をカバーする部分が出てくる仕組みだ。出てガードするから、DelGuardという名前になったようだ。まだ使っていないので、よくわからないけれど、乱暴に試し書きしたらなかなか折れそうにない感じだった。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 以前文房具屋さんで見つけて買ったのは、「ぺんてる シャープペンシル オレンズ 0.2mm」だった。こちらは最初から芯のカバーに覆われた状態で使う仕組みだ。 たまに金属のカバーがひっかかる感触はあるけれど、そんなに気にならない程度である。何と言っても、0.2mmの芯だということが、特徴かも知れない。 シャープペンの世界もいろいろ進化しているようで、各社からいろいろ出そうなので、気になってしまう。手軽な価格ということもあり、衝動買いが続きそうな予感がする。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。