閉じる

プラチナ プレジール 細字(F)


国産の1,000円前後の万年筆は、コストパフォーマンスが高いらしい。「パイロット 万年筆 カクノ」を愛用していて、気に入っている。書き味も良いし、何よりも長期間放置していても、インクが乾いて書けなくなることがない。パイロットがそうなら、プラチナはどうだろうと思って、試してみたくなった。
そこで「プラチナ 赤軸万年筆 プレジール 細字(F)」をAmazonで買ってみた。赤軸と黒のキャップのツートンカラーは、どうやら限定品らしく、ノーマルなものよりも少々高めだったが、どうせ買うなら見た目も気にしてみようと言うことで、買ってみた。

一緒にコンバーターも購入。装着した感じは、こんな感じだ。
コンバーターは500の方。プラチナのコンバーターは、もう一種類あって、700というものがある。容量も同じだし、形状も同じに見えるけど、色と価格が違っている。消費税別で、500円と700円の違いがある。後は材質の違いくらいしか思いつかないので、安い方を買った。

充填したインクは、しばらく使っていなかった「丸善アテナインキ」。ブラウン系の色合いのインク。
プラチナのこの万年筆は、ペン先部分があまり大きくない。実際に比較してみると、パイロットのカクノの方が、一回り大きく見える。
書き味はどうかと言うと、プラチナの方が柔らかい印象だ。筆圧をかけると、ペン先の弾力があるのがわかり、書き味が滑らかな感じだ。

ちょっと気になるのは、充填したインクがペン先部分に染み込んでいるのが見えること。ちょっと漏れてしまって、汚れているかのような印象を受けてしまう。
一度充填したインクが無くなると、どんな感じに見えるのか、興味があるところだ。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。