閉じる

2017年5月に読んだ本

読書量がペースダウンしている。2017年5月も、通常の半分以下の5冊に終わってしまった。 実質的には6冊くらいなんだけど、1冊は残り僅かを残したまま月をまたいでしまった。今日は確実に読み終えることができるだろうから、6月のペースアップの弾みにしたい。 5月は小説は1冊のみ。残りはビジネス本だったり、エッセイ風の読み物だったりする。そんな中、たった1冊の小説、瀬尾まいこさんの『春、戻る』は、とても良かった。安心して読める本で、久々に読んだ瀬尾まいこ作品で、近いうちにもっと読みたいと思った。 5月の読書メーター 読んだ本の数:5 読んだページ数:1334 ナイス数:61 弘兼流 60歳からの手ぶら人生弘兼流 60歳からの手ぶら人生感想 あちこちの本屋さんで平積みされていて、とても気になっていた本。持ち物を捨てる、友人を減らす、お金に振り回されない、家族から自立する、身辺整理をしたその先にという各章のタイトルが内容を表している。ひとつひとつは共感できるものが多いのだけれど、ノウハウが書かれているわけではなく、セカンドライフを如何に生きるかという考え方を示した本なので、面白かったけれど、それほど新しい内容でもないと思う。 読了日:05月25日 著者:弘兼憲史
仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術 (アスカビジネス)仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術 (アスカビジネス)感想 仕事のミスを無くするための「手帳」と「メモ」、「ノート」のヒント集のような本でした。これはぜひ取り入れてみたいと思えるヒントがいくつかありました。体系的ではなく、ヒント集を読んでみたい人に向いている本です。取り入れてみたいヒントをノートに書き出して、ぜひ実践してみたいと思います。 読了日:05月23日 著者:鈴木 真理子
人生を変える習慣のつくり方人生を変える習慣のつくり方感想 悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけるための方法について書かれている本です。その方法は、人によって異なっているというのが著者の主張です。人のタイプは4つに分けることができ、そのタイプに応じた方法を取ると効果的なのだそうです。なるほどと思えるもので、とても参考になります。 読了日:05月23日 著者:グレッチェン・ルービン
春、戻る (集英社文庫)春、戻る (集英社文庫)感想 結婚を控えた主人公さくらの前に、兄を名乗る年下の青年が現れた。ちょっとミステリアスな物語だけど、嫌な感じが全く無い瀬尾まいこさんらしい、安心して読める小説だった。しばらく読んでなかった瀬尾まいこさんの小説だけど、近いうちにまた別の小説を読みたくなりました。 読了日:05月22日 著者:瀬尾 まいこ
新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!感想 ITILの概要と実際にITILの仕組みを業務プロセス改善に活用する手順が小説仕立てでわかりやすく解説されている。ITILを知らなくても、業務プロセス改善ができそうに思えるくらいわかりやすい。今回読んだ目的は、ITILの概要を知りたかったためだけど、この本だけで業務プロセス改善はできそうだ。 読了日:05月01日 著者:沢渡 あまね
読書メーター]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。