閉じる

『ジブン手帳公式ガイドブック2018』佐久間英彰

ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK』と内容的には同じような感じがします。手帳の使い方について書かれているガイドブックなのですから、当然似てくると思います。 ジブン手帳が発売されたのは、2011年のことらしいです。僕の場合は2013年版を買って、チャレンジしました。見事に挫折してしまいました。理由はいろいろありますが、3分冊に分かれていて、重かったということがひとつです。後は様式がいろいろと用意されていて便利な面がある一方で、枠にはまってしまいそうな窮屈感がありました。ところが、枠にはまらない人が多いようで、公式ガイドブックを見ていると、いろいろな使い方があるものだと感心します。 この『ジブン手帳公式ガイドブック2018』でいいなと思ったのは、「世界一くわしいトリセツ」という記事です。いろんな様式をどのように使うのかという基本が、分かり易く解説されていますし、使用事例もいくつか掲載されています。この記事の中で、いろいろな人の使い方を紹介して行けば、面白いと感じました。人中心の使い方紹介記事が大半を占めていますが、様式中心にいろいろな人の使い方を紹介している方が、個人的には良さそうに思えます。 2018年は「ジブン手帳 Biz mini」を使ってみるつもりです。なかなか手帳を使いこなせない僕なのですが、再チャレンジです。 本のサイズも、記事の中に漫画があるのも、「ほぼ日手帳公式ガイドブック」を意識して作られた本だなという気がします。 (55冊目/2017年)]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。