閉じる

No.1317『におわない人の習慣』奈良巧

通勤で電車に乗っていて、臭いが気になることがある。臭いに敏感な方かどうかは、自分ではわからないが、自分はそう思われたくないと思っている。

でも、あまり特別なことはしていない。朝シャワーを浴びて出勤するようにしているくらいだろうか。

妻に言わせると、臭いは無い方だと言う。時々口の中が乾いていると、口臭がすると指摘されることがある。最近は、その指摘も頻度は下がった。

におわない人の習慣』は、加齢臭つまり体臭を抑えるためにした方が良いことが書かれている。加齢臭と言っても、年代は思った以上に若いと言うことが、この本を読むとわかる。加齢臭は、皮脂の酸化によって発生する。皮脂が大量に出るピークは、30代のようだ。加齢臭も、脂っぽいから、古い油のようなニオイ、ポマード臭へ変化して行くらしい。

この本は石鹸やシャンプー、ボディソープなどの実際の商品についての記載がある。見方によっては、広告のようにも受け取れるけれど、メーカーが偏っているわけではなく、口コミのようなものだと思って読むのも楽しいと思う。賛否両論あるだろうけど、使ってみなければ自分に合っているかどうかはわからないので、いくつか試してみたいと思う。
(13冊目/2018年)

保存保存保存保存

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。