本が届くと何だか嬉しい。

本が届くと何だか嬉しい。

新聞の書評に、面白くて一気読みしたと書かれていて、ますます気になってしまった朝井リョウさんの『死にがいを求めて生きているの』が、やっぱり読みたくなった。螺旋プロジェクトの一つの物語。

本が届くと何だか嬉しい。

木皿泉さんは、新刊を待っている作家さんの一人で、見つけた新刊はすぐにでも買って読みたくなる。今読んでいる本の次に読んでしまうかも知れない本『カゲロボ』。

同じく木皿泉さんの『二度寝で番茶』は、文庫本でもあり、それほど新しい本じゃないと思う。2010年頃に出版されているみたいだ。

どんな本が届こうとも、何だかとても嬉しくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA