最近小説を読みたいと思うことが多い。

最近小説を読みたいと思うことが多い。

4月下旬に『続横道世之介』を読んで以降、ずっと小説ばかり読んでいる。
電子書籍1冊と文庫本1冊を除くと、全てハードカバーだったりする。つまり新刊の本が多いということだ。

先日、金曜日に大船のルミネに立ち寄った時、10%オフなのを良いことにまた積読本を増やしてしまった。新刊の小説、ハードカバーである。

今読んでいる『カゲロボ』(木皿泉)に続いて、写真の3冊を読むことは間違いないだろう。気が変わらなければ、『百花』(川村元気)、『傲慢と善良』(辻村美月)、『蒼色の大地』(薬丸岳)の順だろう。多分これで5月いっぱいは読むものに困らないだろう。

最近小説を読みたいと思うことが多い。

一緒に行った奥さんも、この3冊を買った。『五つ星をつけてよ』(奥田亜希子)、『カササギ殺人事件 上下巻』(アンソニー・ホロヴィッツ)だ。

奥さんと趣味が微妙に合っていないこともあるので、奥さんが買った本を必ず読むとは限らないのだけど、この3冊は読みたいと思う。
積読本が、余分に3冊増えた。積読本がなかなか減らない。嬉しい悲鳴だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA