No.1431『万年筆バイブル』伊東道風

No.1431『万年筆バイブル』伊東道風

著者の伊東道風さんは、架空の人物で、実際は伊東屋さんで万年筆に関わっているメンバーの方たちが書いた本。

さすが伊東屋さんのスタッフと思ったのは、万年筆を使うにあたって知っておいた方が良いことが網羅されている内容だったからだ。
万年筆を選ぶポイントや初心者におすすめの万年筆、インクとの関係、万年筆の仕組みや構造、世界の万年筆に関すること、万年筆の歴史など良くまとまった内容になっている。

とても勉強になった。インクはやはり純正のものが良いという理由について、とても良くわかった。
一番のメンテナンスは、やっぱり使うことだったんだと気付いた。
近いうちに、僕の一番の万年筆を選びたいと思っているが、その時はやっぱり銀座の伊東屋さんへ行こうと思う。
(38冊目/2019年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA