ScanSnap iX100

ScanSnap_iX100

これまでずっとCanonのImageFormula DR-150を使っていた。
コンパクトなドキュメントスキャナーで、使い勝手も良かったのだけど、MacOSの新しいバージョンから、アプリケーションが非対応となってしまった。これまでのMacOSのバージョンでも、アラームが出ていて、やがて使えなくなることを示唆していた。
要するに古いスキャナーだから、Canonもアプリケーションをアップデートするのを中止したということだ。

ScanSnap_iX100

とことんコンパクトなドキュメントスキャナーにしてみようと思い、スマートフォンにも対応できて、WiFi対応のものにしてみた。
ぐっとコンパクトで軽量になったけれど、これまでのものと遜色無いくらいの機能がある。何と言っても、MacやiPhone、iPadとワイヤレスで接続できるところが、凄い。

ScanSnap_iX100

説明書は簡易なもので、数ページしか無い。
関連するソフトウェアは、このDVDに入っているが、iMacには読み込めるドライブが既に無い。無用の長物である。
関連ソフトウェアは、ネットでダウンロードした。
iPhoneやiPadにもアプリをインストールして、接続できた。

ScanSnap_iX100

カバーを開くと、自動的に電源が立ち上がり、WiFi機能が動き始める。
バッテリー内蔵で、USBケーブルでMacに接続すると、充電される。

今回、Canonから富士通に乗り換えたのは、ソフトウェアのMacOSへの対応度合いからだ。
確かに前のドキュメントスキャナーは、かなりの年数が経っているものの、ソフトウェアが先に非対応となってしまうのは、とても淋しい。
こういう思いをしないために、Mac OS対応が早い富士通に乗り換えてみることにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA