蕎房 猪口屋@茅ヶ崎

蕎房 猪口屋@茅ヶ崎

茅ヶ崎に移住してきて9年目になったが、茅ヶ崎では有名な蕎麦屋のこのお店には、まだ行ったことが無かった。ぜひ行ってみたいと思いつつ、海辺に近いところで、茅ヶ崎駅からはやや遠いことと、行列ができる蕎麦屋と聞いていたことが、その理由。

茅ヶ崎駅から東海岸循環バス(茅09)に乗って、第一中学校前で降りる。開店時間は、11時半だったので、その前に着くバスに乗った。既に3人のお客さんがお店の前で待っていて、4人目につける。
しばらくしてお店が開店し、カウンターか二人掛けのテーブル席を案内され、テーブル席にした。
呑兵衛夫婦なので、まずは生ビールを注文。久々のエビス。

つまみに注文したのは、蕎麦屋に来ると必ず食べたくなるだし巻き玉子。ふわっとした感じのだし巻き玉子が出てくる。ちょっと塩気があり、大根おろしに醤油をかけないでも行けそうな感じ。ふわっっとした感触で、口の中に入れると、ふわっと消えて行く。旨い。ビールが無くなったので、僕は日本酒「鶴齢雪男」のレギュラーを頼んだ。日本酒を飲みながら、だし巻き玉子を食べたい感じ。

蕎房 猪口屋@茅ヶ崎
蕎房 猪口屋@茅ヶ崎

蕎麦は、海老天蕎麦を注文。海老天二本に、野菜各種。
天麩羅が先に来た。奥さんは、穴子天麩羅。

蕎房 猪口屋@茅ヶ崎

蕎麦は千切れそうな十割か蕎麦粉が多いタイプ。天麩羅がとても美味しい。天麩羅だけ食べに来たいくらいうまい。奥さんは穴子天ぷら蕎麦を注文したので、穴子と海老をシェアしたが、穴子も旨かった。蕎麦の量はそれほど多くないので、何だか物足りない感じだった。お替わりもあるので、どうしようかなと思っていたが、何だかうどんが食べたくなったけど、うどんかなあと迷っていたら、お腹の中でだんだん膨らんできた。カレーつけ蕎麦というのがあって、それを追加してみたい気にもなったが、食べ過ぎは禁物と思い、踏みとどまった。

蕎房 猪口屋@茅ヶ崎
蕎房 猪口屋@茅ヶ崎

もっと早くこのお店に来ていれば良かったと思ったお店だった。僕たちが茅ヶ崎に移住してきた頃とあまり変わらない頃にできたお店のようだ。近いうちに、また来てみよう。今度はうどんも食べてみたい。

蕎房 猪口屋@茅ヶ崎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA