No.1475『やりたいことをぜんぶやる!メモ術』臼井由妃

No.1475『やりたいことをぜんぶやる!メモ術』臼井由妃

「やりたいことをぜんぶやる!」シリーズ第2弾と言って良いだろうか。
去年の秋頃に、『やりたいことをぜんぶやる!時間術』を読んだ。
メモ術の方を本屋さんで見かけた時、きっと「やりたいことを全部書き出す」ようなメモ術なのではないかと思ったが、読んでみたらそうではなかった。

「メモ術」をどのようにメモを取るかという「How to」として捉えていたら、この本は期待どおりではないだろう。この本で一貫しているのは、書き出す、捨てる、集中するというステップを踏むところだ。その書き出すところが「メモ術」というタイトルになった理由かも知れないけれど、この本では「捨てる」に重点が置かれている。つまり、整理術なんだろうと思う。

「書き出す」部分については、全部書き出すのかと思ったら、5つだけだったりするので、GTDのような整理術でも無さそうだ。「捨てる」ところは、「七つの習慣」のマトリックスを使ったものだから、特別新鮮なものでもない。

いずれにせよ、僕が個人的に求めていた「メモ術」とは、違った内容だったので、こういう考え方もあるのだろうという部分が大半だった。
(82冊目/2019年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA