No.1478『努力をやめるノート』ジョイ石井

No.1478『努力をやめるノート』ジョイ石井

著者が調査した成功者の共通点は、欲している物ややりたいこと、理想の自分の3つが明確だという点。

エゴリストと著者が呼ぶノートを毎朝書くことによって、自分が本当に欲しい物ややりたいこと、理想の自分を明確にして、潜在能力を引き出そうというのが、この本の主旨だと思う。
努力することによって、せっかく持っている潜在能力が機能しない。自分が本当にそうなりたいのなら、努力する必要もなく、行動できるという論理である。
個人的には、あまり腹落ちしなかった。

仕事嫌いだけど、仕事をする必要がある場合には、やはりそれなりの努力は必要だから。好きな事だけやっていれば良いのなら別だけど。

しかし、賛同できるのは、本当に欲しい物ややりこと、理想の自分というものを具体的に持っていたなら、そこに向かって自分を変えて行くことができそうだということだ。それを努力と言うか、本当にそうしたいことだから自然にできることと言うのかの違いである。

形式は別として、なりたい自分を明確化するノートは、僕も書いてみたい。
(85冊目/2019年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA