No.1486『伝わるノートマジック』西寺郷太

No.1486『伝わるノートマジック』西寺郷太

西寺郷太(にしでら・ごうた)さんは、バンド「ノーナ・リーヴス」のボーカリストで、音楽プロデューサー、作詞作曲家でもある。マイケル・ジャクソンやプリンスなどのミュージシャンに関する著書も多い。

そんな西寺さんのノートを公開されている本。9割方実際のノートの中身の写真が占めている。ラジオ番組の事前準備としてのノートだったり、インタビュー前の準備のノートだったり、講義のノートだったりする。時にはコピーして配布するためのノートだったりもする。

鉛筆で書かれたノートは、素晴らしいと思う。時間をかけて、事実を調べ、簡潔にまとめている。とても素敵なノートだ。音楽に興味がある方なら、ノートの中身をじっくり読みたくなるだろう。
僕の場合は、ノート術の本として読んだと言うか、眺めて感じたので、そこまではじっくり読んでいない。

百聞は一見に如かずと言うから、この本はやっぱり、実物を眺めてみた方が良い。
(2冊目/2020年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA