No.1513『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』吉田拳

No.1513『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』吉田拳

ちょうど4年くらい前に買っていて、ずっと読んでなかった積読本。
読もうと思ったきっかけは、最近のテレワークにある。テレワークになると、時間的な余裕もできるのではと甘く考えていて、これは良い機会だからExcelのスキルアップのためにぜひ読もうと思った。
しかし、予想以上にテレワークは忙しくて、ゆっくり本を読む時間は無かった。

一度読もうと思うと、読まずにいられず、休日の時間を使って机に向かって読んだ。ソファーでゆったりと読む類の本ではないからだ。
既に知っている機能や関数もあったが、なるほどと目から鱗が落ちる活用方法について知ることができた。
Excelの機能や関数が網羅されている本ではなく、知りたいことを索引を使って調べるような辞書的な本でも無い。
「教科書」と言うからには、やはりページの先頭から順に読む本なのである。そして、肝心なのは読んだ知識をそのまま使うのではなく、如何に応用できるかどうかだろう。

スキルアップのためには、やはり実践あるのみ。
僕が今使っているExcelファイルを、更に高度化することにしたい。
実はこの本の続編みたいな本『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書』と言う本も積読本になっている。
この本もぜひ、この連休中に読んでおこうと思っている。
連続して読むと疲れそうなので、ちょっと別の本を読んだ後で、読むことにしよう。
(30冊目/2020年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA