閉じる
イソヒヨドリ

イソヒヨドリ(磯鵯)

イソヒヨドリは、スズメ目ヒタキ科に分類される鳥。
アフリカとユーラシア大陸に広く分布している留鳥もしくは漂鳥です。
その名前のとおり、海辺に棲息しているのが普通のようですが、最近では内陸部の市街地でも繁殖が確認されているようです。

初めての出会いは、2013年のことでした。
とても綺麗な野鳥が屋根の上に居ることに気付きました。運良く、それほど倍率の高くないズームカメラでも写真を撮ることができました。

イソヒヨドリ
2019年12月27日 茅ヶ崎市

2019年12月に自宅近くで見かけました。茅ヶ崎市と言っても、海辺からは距離がある住宅地でのことです。

初めて聞くような、とても美しい鳴き声が聞こえました。
ワンコの散歩の途中でのことです。声の主を探していたら、何やら見かけない野鳥を発見しました。
何だろうと思っていたのですが、ネットで調べてみると、どうやらイソヒヨドリの幼鳥のようでした。
美しいのは雄で、雌はとても地味な色なんですが、大きさからすると幼鳥のようです。

奥さんがこの前見かけた場所を教えてくれたので、散歩の度に気にしていたら、居ました。
遊水池に面した住宅地の端っこに居ました。
ちょっと暗い場所だったので、写真が鮮明なのが残念です。
そのうち、鮮明な写真を撮ってやろうと思っていますが、何だか冬場しか、このあたりでは見かけないような気がします。次の冬を待たなきゃいけないのでしょうか。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。