閉じる
最初の写真2002年3月16日

macOS写真APPに何枚の写真が登録されているか?

沢山ある写真を何とか整理したいと思っています。
できることなら、iCloud写真に全ての写真を保存して、どのデバイスからでも見られるようにしたいと思っています。
でも、かなり写真がたまってしまって、今のままでiCloud写真を設定すると、iCloudの容量をアップグレードする必要があります。
iCloudの使用料も馬鹿になりません。無料だと5GBまでで、有料プランにすると、月額で50GBまで130円、200GBまで400円、2TBまで1,300円です。200GBを越えると中間のプランが無いので、一気にハネ上がります。
せめて200GB以内に抑えたいと、これまでせっせと不要な写真を削除してきました。かなり頑張って毎日やっていたのです。

それにしても、今写真APPに保存されている写真は、何枚あって、容量はどれだけなんだろうかと、ふと思いました。
どうやって確認すれば良いのだろう。ピクチャというフォルダーの中には写真ライブラリというファイルがあり、その容量は216.13GBとなっています。
そう言えば、かなり写真を削除したのですが、この写真ライブラリの容量は変わりません。

さっそく、最適化(再構築)してみることにしました。
やり方はoption + command を押しっぱなしにして写真APPを起動すると、修復ボタンが現れますので、そのボタンを押すだけです。
結構時間がかかりますので、我慢強く待つしかありません。
20分くらいかかったでしょうか。修復(復元)は終わったのですが、容量はやはり変わりません。

今度は写真APPにどれだけの写真が保存されていて、どれくらい容量があるかについて確認してみました。
写真APPを起動して、ライブラリの写真をクリック、「すべての写真」の右にある情報ボタンをクリックします。

写真APPスクリーンショット
情報

ご覧のとおり、4万枚を越える写真があり、容量135.87GBあります。
この容量がiCloudで必要な容量だったら、200GBで足りそうです。
でも、写真ライブラリの容量は200GBを越えたままです。こちらだったら、無理と言うことになります。
どっちにしても、やっぱり4万枚もの写真をそのままiCloudに保存するのもどうかと思います。
更に不要な写真を整理し続ける必要があります。

と言うわけで、古い写真を古い思い出は、少しずつ整理することにします。
整理が終わったものから、このブログの記事として書いて、必要最低限の写真だけiCloudに保管しようと思っています。
かなり時間がかかりそうです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。