閉じる
KOLO bristol journal medium lake

KOLO bristol journal medium lake

KOLOは、アメリカのアルバムやスクラップブック、フォトボックス、バッグなどを作っている会社のようです。
日本では、伊東屋さんが取扱店になっています。
このノートも、多分5,6年前に伊東屋さんで買ったものです。税抜きで1,800円ですから、モレスキンやロイヒトトゥルムよりは低価格です。
検索してみたのですが、今は廃版になっているようで、買うことはできません。

KOLO bristol journal medium lake

実際の色合いは、写真よりも濃いと思います。
「lake」というのがカラーです。「medium」はサイズでA5サイズです。
高級感のある布製の表紙ですが、それだけに使いそびれていました。モレスキンの方がずっと高級なんですが、そういう意味ではお得感があります。

KOLO bristol journal medium lake

伊東屋さんで買った証拠です。
値段のシールに伊東屋さんのマークがありました。
銀座の伊東屋さんに出掛けて、あれこれブラブラと見ていて、一目で欲しくなったんだと思います。

KOLO bristol journal medium lake

中身はモレスキンのノートに似ています。
ページ上下にスペースが無いところとサイズが違っています。

KOLO bristol journal medium lake

裏表紙の裏側に、ややこしい表現ですが、モレスキンのようなポケットがあるところも、良く似ています。
僕の場合はほとんど何も入れないので、このノートのポケットにも、何も入れないと思います。

何に使うかと言うと、日記帳のようなものにしたいと思っています。
僕は、毎朝「モーニング・ページ」を書いていますが、昼間でも、夜でも書き込むノートを作ろうと思っていたのです。
小さな幸せに気付いたら、このノートに書き込むことにします。
常に持ち歩くには、大きすぎるので、このノートは母艦ノートにして、出掛けた時は小さなメモ帳などを持ち歩いて、小さな幸せを書き留めます。メモ帳から書き写す「母艦」ノートとしたいと思います。
自宅に居る間は、直接書き込みます。

さて、ペンは何を使おうかと迷うところです。
割と厚手の紙なので、裏抜けは大丈夫そうだと思っていますが、無難なところでプラチナの万年筆が良いと思っています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。