閉じる
No.1544『血糖値がみるみる下がる!7秒スクワット』宇佐見啓治

No.1544『血糖値がみるみる下がる!7秒スクワット』宇佐見啓治

健康な人と2型糖尿病の人のブドウ糖の取り込み率を比較すると、筋肉による取り込み率で差が付いているそうです。
筋肉がブドウ糖を取り込めなくなった原因は、加齢や運動不足など。それなら、筋肉を鍛えれば血糖値は安定するのではないか、そういう理屈でスクワットで血糖値が下がるのです。

著者が長年取り組んで完成した7秒スクワットとは、1回7秒、10回で1セット、3セット行います。
2日間置いてまた行うから、週にすると2日程度で良いとのことです。
なぜスクワットかと言うと、足に大きな筋肉が集中しているからです。足以外の大きな筋肉を鍛えるための7秒プッシュアップというのがオプションで提案されています。肩や胸の大きな筋肉を鍛えるためのオプションです。

ウォーキングとの比較については、ウォーキングで消費されるのは体脂肪で、筋肉が消費するのは血中のブドウ糖で、要するに直接血糖値の低下に影響が大きいということのようです。
筋肉は筋グリコーゲンを消費すると、血中のブドウ糖を取り込んで補給しようとするのだそうです。
確かに少々のウォーキングによる効果は、個人的にはほとんど感じられません。
特にテレワークになって家中心で毎日が過ぎて行く生活では、なかなか歩けません。

僕の場合は、約3年前に空腹時血糖値が131mg、HbA1cが6.9になり、通院を始めました。
食事療法が中心で、血糖値を下げる薬は飲んでいません。
夕食の糖質制限により、体重を5kg程度落とし、今はHbA1cが6.4〜6.6程度で安定しています。
もう少し下げるには、何か新しいことを始めなくてはならないと思っていたところ、この本が目に入りました。
最初は書店で見かけて、近いうちに買おうと思っていたのですが、念のためKindle unlimitedをチェックしたところ見つかったので、さっそく読んでみました。

読んだその日から、始めてみました。
3か月で効果が現れるとのことなので、10月頃を楽しみにして、頑張って続けてみようと思っています。
(60冊目/2020年)

No.1544『血糖値がみるみる下がる!7秒スクワット』宇佐見啓治」に2件のコメントがあります

  1. 偶然、辿り着きました。「7秒スクワット」を書いた うさみ内科の宇佐見啓治と言います。夕食のみ炭水化物を制限し体重も減り血糖値も比較的安定してきているようです。是非、スロースクワットをやりこんでください。コツはとにかく腰を下ろしてくる動作(エキセントリック運動)を出来るだけゆっくり行うことです。10秒くらいかけてもかまいません。逆に立ち上がる時は出来るだけ早くしてください。この動作はコンセントリック運動になるためあまり運動効果は期待できません。

    1. まさか、著者さまにコメントをいただけるとは思ってませんでした。光栄です。
      良いご報告をしたくて、通院を終える日まで返信するのを控えていました。
      昨日通院して検査したのですが、結果はあまり改善されていませんでした。空腹時血糖値が128mg→124mgで、HbA1cが6.5→6.4でした。少しでも改善できていたことを喜ぼうと思っています。
      もう少しスクワットを続け、食べるものにも気を付けて、経過を見ようと思っています。
      スクワットの直々のご指導、ありがとうございました。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんのーと | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。