閉じる
蕎房猪口屋@茅ヶ崎

蕎房猪口屋@茅ヶ崎

昨日、奥さんが寒川のうなぎ屋をこじ開けたことで、蕎麦を食べそびれていた蕎麦好きの僕は、どうしても蕎麦を食べたくなりました。
昨日の今日なので、どうしようか迷ったのですが、やっぱり連休最終日は家でのんびりすることにして、今日蕎麦屋に行くことにしました。雨模様の土曜日なのですが、強行した形です。

お店に着いたのは、12時半頃。だいたい何人かは並んでいるお店なので、今日は僕たちの前には3組5人が待っていたようです。お店の前まで行った時には、先頭の1組は既に入店していました。
ちょうど入替のタイミングのようで、それほど待たないうちに店内に案内されました。
コロナ対策のためか、6人席は4人席になっていて、そこに2人が案内されたものですから、非常にゆったりとした気分になれました。
しっかりと、コロナ対策がされていて、尚かつ来週27日から今月いっぱいは休業とのことでした。

蕎房猪口屋@茅ヶ崎

まずは生ビールで乾杯です。
軟らかい泡が溢れるグラスを傾けると、なんとも言えない美味しいビールがいただけました。
僕は普通のサイズで、奥さんは小にしました。

蕎房猪口屋@茅ヶ崎

おつまみは、天ぷらの盛り合わせを注文しました。
海老と穴子と茸や野菜の天ぷらが盛られています。天つゆと塩で食べます。
あっと言う間にビールは無くなり、そうなると飲まざるを得ません。
昨日蕎麦を食べそびれたのではなく、実は日本酒を飲みそびれた感が強かったのです。

蕎房猪口屋@茅ヶ崎

お洒落な酒器で出てきました。宮城のお酒、「乾坤一」を注文しました。純米酒の辛口です。
予想したとおりの味わいで、キリッとした味の辛口の日本酒でした。
いくらでも飲めそうですが、ランチですから、自重しました。

おつまみは、牛すじの煮込みと干し柿チーズ。
煮込みはあっさりとしていますが、とろとろの牛すじの脂身がとろけて最高でした。
チーズを干し柿で挟んだおつまみは、まさに日本酒にぴったりのおつまみでした。
これだけで2合は飲めそうなおつまみです。

お蕎麦は、合い盛りにしました。つまり、蕎麦だけでなく、饂飩もあるものです。
このお店の饂飩は、稲庭うどん風です。「風」と付けたのは、稲庭うどんはもっと腰があるからです。稲庭うどんよりは軟らかい感じです。喉越しは良く、つるっと食べられます。美味しい饂飩です。
蕎麦は蕎麦粉が多いタイプなので、饂飩との違いを楽しみながら食べることができます。
うどんのおつゆも美味しくて、生姜がキリッと効いています。
満足感は、昨日のうなぎ屋以上のものがありました。
奥さんは蕎麦とミニカレーうどんのセット。これも味見をさせてもらったのですが、美味しい選択だったと思います。個人的には、太い饂飩と家庭料理のカレーみたいなカレーうどんが好きなんですけど。

GO TOキャンペーンに踊らされることなく、遊びには行かないのだから、美味しいものを食べに行こう、という企画は当たりました。
ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。