閉じる
No.1551『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021 ほぼ日手帳の使い方大百科』

No.1551『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021 ほぼ日手帳の使い方大百科』

来年でほぼ日手帳は、20年目だそうです。
公式ガイドブックは、これで13冊目だそうです。前身の『ほぼ日手帳の秘密』から数えて15冊目らしいです。
振り返ってみると、僕が読んだのは2009から2021までで、途中で2014と2017は読んでいないので、11冊目になります。
最近では、公式ガイドブックに掲載されるような素晴らしい使い方は真似できないのだから、「読まなくても良いだろう」と思っていたりするのですが、結局読んでしまうのです。
今年は、kindleで読みました。

なぜ読んでしまうかと言うと、多分毎年のように手帳を使いこなしたいと思っているからなんだと思います。
その裏側には、人生を充実した良いものにしたい、日々の時間を大切にしたいと言う思いがあるからなんだと思います。
その願望の現れなんだと思います。
そして、毎年のようにチャレンジして、結局使いこなせていないままだから、毎年のように読まずにいられないのでしょう。
使いこなせていたら、読まなくなってしまう筈だと思います。
満足できないことが、欲求を生み出しているのだから、これはある意味良い状態なのかも知れません。
やる気を失っていないという意味で。

この本にも書かれていますが、使いこなす秘訣は「がんばらないこと」だと思います。
がんばろうとすればするほど、理想は高くなります。そうすると、目標は高過ぎて達成できなくなるのです。
どちらかと言うと、僕は空白を許せない方です。これがいけない。
空白があっても良い、綺麗でなくても良い、絵が上手くなくても良い、そういう気持ちになることが続ける秘訣かも知れません。

いろいろな使い方が紹介されている公式ガイドブックですが、決して美しく綺麗な手帳ばかりではないのです。
その人なりに書き続けたことが、一番素敵なことなんだと、毎年のように思うのです。

ほぼ日手帳の20年目くらいは、そこそこ満足できる使い方ができたら、何かが変わりそうな気がします。
そういう思いで、今日はカズンとweeks、5年手帳を注文しました。
届くのが楽しみですし、新しい年がやって来ることが楽しみです。かなり気が早いですけど。
(67冊目/2020年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。