閉じる
No.1556『文房具の整理術』福島槙子

No.1556『文房具の整理術』福島槙子

好きで集めた沢山の文房具を、捨てて減らすのではなく、整理して収納するヒントが書かれた本です。
まずは好きとそれ以外、使うと使わない、使う頻度や飾るか保管する、こんな分類を全ての文房具に対して行います。それ以外は捨てるのではなく、使うものと使わないものに分けて、飾りたいものは飾って、保管するものは保管しておきます。
保管し放しにならないために、その収納方法に工夫があります。

要するに、文房具好きが陥る文房具沼が、更に収納のための文房具により深い沼に陥って行く、そんな感じの本でした。決して馬鹿にしているわけではなく、文房具好きだからこそ、そう思うわけです。
どちらかと言うと、女性向きの本ですが、ペンを収納するペンケースなどについては、興味深く眺めました。
僕の場合は、特に筆記具好きなので、そういうところに惹かれてしまいます。

僕の今のテーマは、大好きな万年筆を如何に見栄え良く収納するか、例えば木製の10本くらい入る収納が欲しいと思っているわけです。
持ち歩くためには、それなりに高級感があって、機能的でもあって、大事に持ち歩けるツールが欲しいわけです。
もちろん、万年筆自体も素敵なものを集めたいと思っていますが、あまり集めすぎても、使わなくなったらどうしようと思う方です。

長々と書きましたが、文房具好きにはたまらない本です。
いろいろな文房具が、とても綺麗な写真で紹介されているのですから、これは欲しいと思うものが沢山見つかります。だからこそ、整理術は重要なんです。
(72冊目/2020年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。