閉じる
『6 Minutes Diary』ドミニク・シュペンスト

No.1567『6 Minutes Diary』ドミニク・シュペンスト

前半の112ページまでが、「6 Minutes Diary」の解説と書き方についての文章。
残りの約200ページは、書き込むための5か月分の日記ページになっています。
前半の文章を全て読みましたので、読了とすることにしました。最後のページまで辿り着くのは、5か月以上かかる本なのです。

日記は、朝と夜で3分ずつ書きます。
月の初めには、自分の生活を10段階で評価するための「月間チェック表」があったり、習慣トラッカーがあったりします。
週の初めには、5つの質問と空白の横罫ページが1ページあり、そこから7日分の日記ページが始まります。
1日分の日記は、1ページで、上下で朝と夜に分かれています。それぞれ3つずつ同じ質問が書かれていて、それに朝夜3分ずつ使って書き込んで行きます。
朝は、感謝していることと今日何をするか、そして肯定的なアフォーメーションを書き込みます。
夜は、今日やった良いことと明日何をするか、そして今日の嬉しかったことを書き込みます。
大雑把に言うと、ポジティブな書き込みを毎日、朝晩続けて行くことによって、良い効果が得られると言うものです。

一度本屋さんで見つけて、手に取ってみたのですが、今いろいろな日記を続けているので、これ以上日記を増やすことを躊躇いました。
そして、先日二度目にまた目について、やっぱりやってみたいと思ったので、書いてみることにしました。
続いていたら、5か月後ですから、4月末か5月初め頃に報告します。
(83冊目/2020年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。