閉じる
旬菜心花@茅ヶ崎

旬菜心花@茅ヶ崎

僕の場合は、最近は本当に、「ランチ酒」だなあと思います。
どこかで聞いたことのある「ランチ酒」ですが、そう言えば、原田ひ香さんの小説のタイトルでした。
夜飲みに行かなくなったと言う意味です。だから、外で飲むのはもっぱら「ランチ酒」なのです。
年末が近づいたので、そろそろ夫婦二人の忘年会に行こう、と言うことで、出掛けました。今日もランチです。

忘年会→お酒→日本酒も飲みたい→蕎麦屋という発想だったのですが、美味しいお蕎麦屋さんは茅ヶ崎駅から離れていて、ちょっと行く気持ちが削がれてしまいました。
駅近くでどこか良いところ、と思っていたら、奥さんの提案で久しぶりに「旬菜心花」さんへ行ってみようと言うことになりました。
一時期良く行っていたお店ですが、特に理由はありませんが、ここのところ足が遠のいていて、何年振りかと思うくらい行ってません。
茅ヶ崎駅南口から徒歩5分くらいでしょうか。駅西側の地下道がある辺りの小さなビルの2階にある和食のお店です。

旬菜心花@茅ヶ崎

日本酒を飲むつもりだったので、まずは刺身の5種盛りを注文しました。
二切れずつなので、ちょうど良いおつまみです。左からマダコ、タイ、マグロ、ウスバハギ、イナダです。
どれもコリコリという食感があり、生きの良さを感じます。

旬菜心花@茅ヶ崎

飲みに来たのですが、ランチメニューに「ステーキ御膳」と言うのがあって、それが食べたくなり、定食になりました。
大きい肉が鉄板に載っていて、それをナイフとフォークで食べるのも良いですが、こういうふうに小さく切り分けてくれていて、それを塩やわさび、ポン酢おろしなどでお箸で食べるのも良いです。
お肉も脂が適度で、美味しいお肉でした。

旬菜心花@茅ヶ崎

最初は日本酒を飲みたいと思っていたのですが、肉を注文してしまったので、やっぱり赤ワインにしました。
日本酒だときっともっと酔っ払っていたのでしょうが、2杯飲んだと言えどもワインなので、ちょうど良いところで止まり、ちょうど良い気分でお店を出ました。

いつもなんですが、後でお店の写真を撮ろうと思いつつ、酔っ払って忘れてしまうのです。
2階のお店なので、外についた階段の入口にお店の看板とちょっとしたメニューがあります。それが目印でしょうか。
ていねいな料理という印象のお店です。今日もお客さんが結構入っていて、飛び込みで入れて良かったと思うくらいでした。
美味しいものを食べて、満足できた忘年会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2021 しんのーと | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。